HOME > -界面活性剤 ネットコスモ友の会

界面活性剤


界面活性作用とは

  • 表面張力を低下
  • 浸透・湿潤力(繊維等に水をしみ込ますカ)
  • 乳化力(水と油混ざり合わす力)
  • 汚れを分散する力
  • 起泡力
  • ミセルを作る力(水中に散らばって居る個々の洗剤分子が―つの集合体を作る力)

界面活性剤は何を材料にして造られるか

  • 天然の界面活性剤(植物、動物、鉱物)
    • サイカチの実 キキョウ シクラメン
    • 大豆 米等のとぎ汁
    • 牛の胆汁 糞 尿
  • 油脂(脂肪)
  • 石油
    • 天然系と油脂系は自然・人体環境には悪影響はないが、石油系は非常に悪い影響がある。

脂肪酸系界面活性剤

  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム
  • ショ糖脂肪酸エステル
  • 脂肪酸アルカノ―ルアミド
    • (牛脂又はヤシ油脂肪酸ジェタノールアミン)

高級アルコール系界面活性剤

  • AS(アルキル硫酸エステルナトリウム)
  • AES(アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)
  • POE・R(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)

石油系界面活性剤

  • ABS(アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)
  • LAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)
  • AOS(アルファオレフィンスルホン酸ナトリウム)
  • SAS(アルキルスルホン酸ナトリウム)
  • POE・P(ポリオキシエチレンアルキルフェノールエーテル)

界面活性剤の区分(主な用途)

  • 陰イオン系界面活性剤 --------石鹸・合成洗剤
  • 陽イオン系界面活性剤 --------殺菌剤・ソフター・リンス
  • 非イオン系界面活性剤 --------石鹸・合成洗剤
  • 両イオン系界面活性剤 --------ソフター・帯電防止剤